St.クリスティーネ学園

とても清楚な女の子と出会いました。

復縁するための冷却期間の最適解は

time 2017/06/30

恋愛の悩みで多いのは、復縁です。
特に相手から一方的に別れを切り出された場合には、やり直したいと思うのは当然でしょう。
そのため、復縁の悩みを抱える男女は多く、恋愛相談の定番とも言える内容です。
一般的によく言われるのは、別れた相手とやり直したいなら、冷却期間を置けと言うことです。
別れた直後は相手の気持ちは高ぶっていて、冷静な判断ができません。
そんな状態のときにやり直したいと言われても、気持ちが変わることはないでしょう。
そもそも別れを切り出された原因を改善しなければ、たとえ相手が冷静になっていたとしても、やり直したいと思うことはありません。
別れた原因を改善し相手に認めてもらうためにも、冷却期間は置くのがベストです。
しかし、間を空けるのがベストだとしても、よく分からないのがどれだけ待つのかと言うことです。
短すぎると逆効果ですし、長すぎると相手の気持ちが完全に離れてしまいます。
ですが、こればかりは相手や別れた状況によるとしか言えません。
別れた状況によっては空ける必要がないこともありますし、2ヶ月や3ヶ月、長いと半年や1年にもなります。
復縁の冷却期間の最適解は、恋愛相談でも答えにくい質問と言えるでしょう。
しかし、一つだけ言えることは、冷却期間を長くしていても、別れた原因を改善できなければ復縁は無理と言うことです。
好きな相手と別れるときには、何かしらの理由が絶対にあります。
その理由を放置して復縁を迫っても、相手は何も分かっていないと思い断るものです。
ですから、どれぐらい空けるのが良いのか考えるのではなく、まず恋愛が失敗した原因を考えるべきです。
自分を客観的に一見つめ直して原因を発見できれば、改善するように努力しましょう。
外見の問題なら髪型や服装、清潔感などを変えていき、内面の問題なら自分の性格や考え方を変える努力をして下さい。
自分の外見や内面を変えていくのは、非常に難しいことです。
そのため、努力を怠り自分を変えることに対して、嫌だと思うかもしれません。
しかし、別れた原因を改善するのが嫌なら、復縁は諦めるべきでしょう。
どうしても別れた相手とやり直したいと願うなら、これまでの自分を捨てるぐらいの覚悟で、外見や内面を変えていく必要があります。
そうした努力が実って別れた原因を改善できたら、冷却期間はおしまいです。
あとは相手に素直な自分の気持ちを伝えて認めてもらうことができれば、もう一度やり直すことができます。

down

コメントする