St.クリスティーネ学園

とても清楚な女の子と出会いました。

別れずに遠距離を乗り越えられるカップルは尊い

time 2017/06/22

恋愛には様々な形がありますが、その中でも数少ないのが遠距離恋愛です。
遠距離恋愛が少ないのは、遠距離になる可能性が少ないからです。
最近はインターネットがあるため、ネット上の出会いも期待できます。
たまたま気にいった人が遠くに住んでいたとしたら、あの2人が恋愛まで発展すると長距離恋愛になりえます。
また、付き合っていた人がどこか遠くに引っ越しをしてしまったり、自分が遠くに引っ越しをしてしまった場合も長距離の恋愛になりえます。
長距離になるパターンは基本的にそれぐらいしかなく、ほとんどの場合は短距離の恋愛から中距離の恋愛になるでしょう。
長距離の恋愛をする場合難しいのは継続的に付き合っていくことです。
長距離になってしまった場合に継続して付き合える人は少なく、どちらかが覚めてしまったり、好きな人が途中で出きて、別れを選択することも少なくありません。
やはり、恋人とはできるだけ近い距離の方が会う回数が多くなるため、長期的に付き合っていける可能性が高くなります。
結婚をする場合も、長距離パターンは少なく、中距離から短距離の恋の方が確率的には多いです。
ですが、中には遠距離を乗り越えて結婚するようなカップルもいます。
そこで、どのような条件の場合に長距離でも距離を乗り越えて結婚をすることができるかが問題になります。
人間にはそれぞれ相手との距離感があります。
例えば、恋人と毎日会わなければ不満を持つ人は、長距離で付き合うのは向いていません。
また、週一回程度会えるならば我慢できる人も向いていません。
基本的に家と家が長距離の場合でもうまくいきやすいのは、1ヵ月に1度程度会えれば満足と言った人でしょう。
この場合、2人とも1ヵ月程度会わなくても問題ない、電話さえしていれば問題ないと考えているならば、うまくいく可能性があります。
ですが、片方が毎週のように会いたいと言う場合であれば、別れる可能性も高くなるため、注意が必要です。
それならば、すぐに結婚してしまえば問題ないと考える人もいるかもしれません。
確かに恋愛の目的が結婚であればそれで良いでしょう。
ですが、結婚をしてからも距離感の問題は重要になります。
毎日顔を合わせるため、2人の距離感が異なれば、徐々にぎくしゃくしてくる可能性も出てきます。
長距離に住んでいて最終的に結婚までつなげるためには、2人の距離感が共通しており、1ヵ月程度会わなくても問題ない距離感が必要になります。

down

コメントする