St.クリスティーネ学園

とても清楚な女の子と出会いました。

価値観の違いの違和感を見極めよ

time 2017/06/21

恋愛関係になってから、価値観の違いによって上手くいかなくなることがあります。
そのことが原因で別れることになる場合も多いですね。
この場合、結婚をしてからではなく恋愛をしている間にわかって別れることになるのは、ラッキーといえます。

価値観の違いというのは、努力をして上手くいくものではないことがあります。
人生の中には多くの選択があり、それは日常のとても小さなことである場合もあります。
例えば朝食にご飯を食べるか、パンを食べるか。
家の中の家具の好み。
休日の過ごし方。
食べ物や味付けの好み。
服装のセンス。
お金の使い方など。
些細なことでも毎日の中ではとても重要になり、ケンカの原因になることがあります。

知り合ってから恋愛をして、おつき合いをしていくなかで、そのようなことは少しずつわかってきます。
価値観が合うのか合わないのか。
それが耐えられる範囲のものかどうかなど。
もちろん恋愛をしている時は、お互いに良い面を見せていたり、自分を抑えていることが多いのでわからない場合も多いものですが・・・。

結婚をしてから価値観の違いに気づき我慢ができなくなると、そのまま忍耐をして結婚生活を続けるか、離婚をするかの選択になります。
私の周りにもそのような夫婦がいます。
そして離婚をするかそのまま仮面夫婦を続けるか。
どちらも大変ですし、幸せとはいえないでしょう。

それを考えると、恋愛をしている間にそのことに気がついていればと。
ですが、結婚をしてかわいい子供が生まれるということは、その人と結婚したからこそなので、たとえ離婚することになったとしても結婚が間違いだったとは言えないのかもしれません。
結婚をして価値観が違い、性格の不一致で離婚するという人生の中の1ページであると考えるのです。
でも離婚をせず、嫌なのに我慢をし続ける人生はどうでしょうか。
1度しかない人生を、嫌な人と共に過ごすことになります。

もしまだ恋愛をしている段階で価値観の違いに気づいたら、それがどの程度のものなのかを見極めることがとても大切です。
耐えられるものなのか、それともどうしても耐えられないものなのか。
それは恋愛中に判断することは難しいのかもしれません。
先に同棲をしてみるのが良いといいます。
一緒に生活をするとわからなかったことがわかる場合があるので、結婚して入籍をする前に、相手の人との相性や価値観が合うかどうかを見極めるのです。

幸せに生きることは誰もが願うことです。
幸せの1つ形として「価値観が合い、相性の良い相手と一緒にいること」が、その鍵を握っていることは確かでしょう。

down

コメントする