St.クリスティーネ学園

とても清楚な女の子と出会いました。

敵にするとやっかいな「元カノの友達」という存在

time 2017/08/14

彼氏と付き合っている時にやっかいだと感じたのが、元カノという存在でした。
何かか言うと、元カノはこうだったとか言われるのが嫌でした。
もう元カノは友達だからと言ってはいましたが、時々メールくらいはしている様子でした。
付き合いも長かったので、気が合うのだなと思っていました。
元カノの荷物を処分したいと思い、彼氏に言ってもらうようにしました。
勝手に処分するのも悪いと思ったからです。
そこから頻繁に連絡を取り合うようになってしまったのです。
私との恋愛も話しているというのがわかり、とても気分が悪かったです。
敵にするともっとやっかいだと感じたのが、「元カノの友達」という存在でした。
何かというと、私達の間に割って入ってくるのです。
友達として必死になっている様子は伝わってきましたが、そこまで言われる筋合いはないなと感じるくらいカチンときた事もありました。
恋愛が上手くいっていない事も伝わっていて、彼氏にも嫌気がさしていました。
結局、荷物はこちらで処分をするという事に決まりました。
彼氏も優柔不断なところがあり、思い出の荷物を捨てられないのが見ていて嫌になりました。
恋愛も冷めてしまうくらい、元カノやその友達の存在はやっかいでした。
関わりを持ちたくないと思っていても、彼氏の事が忘れられないのか頻繁にメールを送信してきます。
見てはいけないと思っていても、彼氏の事が信じられず疑ってしまう自分にモヤモヤしていました。
疑うようになってからの恋愛は、とても苦痛で好きというよりも相手の嫌な所ばかりを見ている感じでした。
言葉一つにしても、トゲのあるようになってしまい会っていてもケンカばかりでした。
私よりも長く付き合っていた分、存在は大きいのかもしれません。
私の方が、彼氏の事をわかっているという態度がとても嫌でした。
恋愛にはこうしたトラブルが付きものですが、前はどんな恋愛をしていたのかなと付き合う前にチェックできる範囲でしておけば良かったなと思っています。
今は、あまり干渉しないようにして私も好きなことをやっています。
男友達と飲みにも行くようにして、気を使うことはやめました。
彼氏の行動を気にしないようにして少し距離を置くようにしたら、気持ちにも余裕ができてきてだいぶ楽になりました。
人の気持ちは見えないので、しっかりとした心で相手と真剣に向き合って接していきたいと思っています。
自分という存在を壊されないようにしたいです。

down

コメントする