St.クリスティーネ学園

とても清楚な女の子と出会いました。

元カノとの思い出の品・写真を捨てない男たち

time 2017/08/16

恋愛において、男女がぶつかり合うことはごく自然な現象です。

男性と女性とでは、そもそも物事に対する考え方や感じ方が違うためです。
これは育ってきた家庭の常識や価値観、現在の状況なども影響してさらに複雑なものになることもありますが、そもそもの違いは男女の脳のつくりにあるのです。

ふたつの作業を同時にできてしまう女性に対して、集中できるひとつずつの作業をこなしていくのが男性です。
これは右脳と左脳をつなぐ脳梁という器官に男女差があるためです。

脳梁の太い女性はお料理をしながら子どもの面倒を見たり、編み物をしながらテレビを見ることも難なくできてしまうでしょう。

右脳と左脳の使い方にも男女差があります。
女性は言葉のニュアンスを非常に大切にします。
接続しのひとつをとっても、意味合いが違ってくるということを意識した言葉選びをする傾向があります。

一方男性はというと、物事の進み方などよりも結果を重視する場合が多いようです。

あるひとつの出来事に対して、女性が伝えたいもたらした結果にいたるまでの気持ちを、男性はうまくくみ取ることができずに結果だけを評価しようとします。

浮気をした男性が、浮気相手と別れるという結果そのものを評価してほしいと考えるのに対し、女性側は浮気をされていたその期間の心の傷を訴えます。

ひとつひとつの恋愛に対しても、結果にこだわっている男性は、いままでお付き合いしてきた女性のひとりひとりを心の引出に個別に保管しています。

それに対して女性は過去の男性を同じアルバムの同じページにちりばめている状態です。
お付き合いの思い出はそれぞれに違うけれど、過去は過去でいまの恋愛とは別物として考えているのです。

男性は元カノとの思い出を捨てきれずに写真をとっておいてしまうことも多いようですが、これは今お付き合いしている女性を愛していないからではありません。

男性にとって恋愛は、どれも大切な思い出であり、別れ方は関係なく元カノそのものが大切な存在なのです。
もちろん大切にすべきはいまお付き合いしている女性で、その女性が彼のこのような行動に腹を立てることは致し方ありません。

男性には収集癖を持つ方が多いようですが、元カノもコレクションのひとつとして考えてしまうこともあるようです。

いま大切な人との思い出作りに時間を使い、さらにふたりの親密度を上げて行くことの方が大切なのですが、男性の幼い心も女性は少し理解してあげなくてはならないのかもしれません。

down

コメントする